阪神・淡路大震災から18年・・・

昨日、 17日 で阪神・淡路大震災から18年を迎えました・・・


6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から17日で18年になります。

神戸市などでは、おととしの東日本大震災で被災した東北地方の関係者も参列して、犠牲者を追悼するさまざまな行事が行われました。

神戸市中央区の公園、「東遊園地」では、「1.17」の形に並べられたろうそくを前に、阪神・淡路大震災で家族や友人を亡くした人たちが、地震が起きた午前5時46分に黙とうをささげました。

東遊園地には、東日本大震災が起きた日の「3.11」の形に並べた灯籠も用意されました。

一方、神戸市中央区で行われた追悼行事では、東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方の関係者を含むおよそ300人が犠牲者を追悼しました。

兵庫県の井戸敏三知事は、「南海トラフ巨大地震の被害想定が示され、ことしはハード、ソフトの両面から対策を講じる年となる。
あの悲しみを繰り返さないよう、一層の力を注ぎたい」と決意を述べました。

阪神大震災から18年がたち、神戸市では、震災の後に生まれたり移り住んだりして、震災を経験していない人が40%を超えました。
南海トラフ巨大地震の脅威が指摘されるなか、震災の経験や教訓を次の世代にどう伝え、新たな災害への備えにどう生かしていくかが課題になっています。



画像




私たちは震災の経験・教訓を風化させることなく、
次の世代に語り継いで行きたいですね。

"阪神・淡路大震災から18年・・・" へのコメントを書く

※ 不適切と判断したコメントは削除させて頂きます。
また、記事や内容によっては 「コメントを頂いた皆さまへ」 と
いうようにまとめてのお返事とさせて頂きます。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
都合により懸賞記事及びレシピ記事について、
コメントのお返事は控えさせて頂きますので、
ご理解・ご了承よろしくお願います。