被災ペット救済 嘆願メール

被災ペット救済のための嘆願メールにご協力ください。

画像



各宛先 「メールフォーム」 に、
この文章のコピーで構いませんので、貼りつけて送信をお願いします。


≪環境省宛≫⇒こちら

【件名】

環境大臣  松本龍様
東北関東大震災・立ち入り禁止区域の動物救済のお願い

【本文】

非常時のご公務に感謝申し上げます。
現地で取り残されたり徘徊している犬猫等の動物救済を
急いでいただきますようお願い申し上げます。
この区域では避難の際に取り残された犬猫等が餓死したり共食いしたりして目を覆う惨状です。
非常時とはいえあまりにも悲惨な状況です。迎えに行けない飼い主も、救助に入っている団体、
有志国民そして海外のメディアも苦悩しております。
特に飼い主の壮絶な苦しみをお察しくださり、
早急に以下の措置を特段のお取り計らいをもってお願い申し上げます。

1)飼い主自身が迎えや捜索に行けるようにして下さい。マイクロバス等の手配をするなどの
  措置をお願いします。
  自分で行けない飼い主は愛護団体等に救助を依頼できるよう橋渡しをお願いします。

2) 飼い主や愛護団体等が救出したペットを一時保護できる場所を用意してください。
  その場所で獣医師による応急治療もお願いいたします。

まだ生きている命がこれ以上苦しまないよう、 被災した飼い主はじめ多くの国民の悲痛な思いを
お察しいただき、 早急にご検討、お手配のほどお願いいたします。




≪防衛省宛≫⇒こちら

【件名】

警戒区域内に取残された動物への給水・給餌のお願い

【本文】

震災後より、日々 国民のために休みなく活動して下さっている
自衛隊の皆様に心から感謝を致しております。

自衛隊員の皆様にしか、出来ないお願いがございます。
4月22日より、警戒区域が実施され 区域内にはまだ多くの動物が取り残されています。
被災者・避難者の方々にとって、共に暮らしていた犬や猫、その他ペット、家畜は家族同然です。
震災により、家・家族・友人・仕事、これらを失った人々に、これ以上の『つらい別れ』を経験させないで下さい!

どうか、警戒区域内に残されている動物達が救助される迄の間、水と食物を与えてください。
その為のドッグフード、キャットフード、その他フードは 私達が協力しあい、全力で集め、お送りします。
どうか、今 この瞬間も生きている命を見殺しにしないで下さい!

残されている動物は、被災者・避難者にとって家族なんです。家族を助けて下さい、動物達も日本国民の一部です。
他にこれが出来る人は、今 どこにもいません。自衛隊の方々にお願いする以外ありません。

どうかどうか、命を見殺しにしないで、命を見捨てないでください。
家族を、今 この瞬間も生きている命を、どうか助けて下さい お願いします。

この願いが聞き入れられ、動物達が少しでも生き延びられる事を心から願います。
まだ生きている命がこれ以上苦しまないよう、 被災した飼い主はじめ多くの国民の悲痛な思いを
お察しいただき、 早急にご検討、お手配のほどお願いいたします。
どうか警戒区域内の動物を助けるという決断をしてください。

自衛隊福島地方協力本部 メール:pr1-fukushima@pco.mod.go.jp





≪原子力安全・保安院宛≫⇒こちら

【件名】

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

【本文】

1)警戒区域での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。
圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。
動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き警戒区域20キロ圏内で活動を
続けられますようお取り計らい下さい。

2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。
遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。





≪首相官邸宛≫⇒こちら

【件名】
 
東北関東大震災、立ち入り禁止区域に取り残されているペット至急救出のお願い

【本文】

何よりも家族同然に暮らしてきたペットを置いて避難せざるを得なかった 住民の苦悩に配慮して
頂くようお願いいたします。 飼い主さんの心痛は極限に達しています。
海外からも心配の声が高まっています。

1)立ち入り禁止区域から救助された犬猫等のペットの一時預かり場所を用意して下さい。
  保健所、愛護センター等は収容能力を超えています。
  国内外の愛護団体やグループが救出を試みています。
  こうした団体が救助したペットを即保護できる預かり場所を早急に用意して下さい。

2)飼い主への情報提供をお願いします。
 自分では救助に行けない飼い主や、ネット環境にない等情報を得にくい飼い主のために、
 救助を依頼できる愛護 団体の周知をお願いします。
 避難所に団体リスト、連絡先を貼り出す等の措置をとって下さい。
 この区域で活動している団体については以下参照ください。
  http://ameblo.jp/japandisasteranimals/theme-10035507087.html

3)飼い主自身が救出に行くための便宜を図って下さい
  屋内や敷地内のペット捜索は飼い主でなければ困難です。また、他人に怯え、
  飼い主でなければ捕まえることができないペットもいます。
  飼い主自身がを救出しに行けるよう短時間の帰宅や捜索を認め、便宜を図って下さい。



叶えられるまで何度でも何度でも諦めず 「お願い」 をしましょう~

是非、皆さまのご協力をよろしくお願いします。

画像



また、飼主が同行すれば、
区域内に残してきた動物を救助保護することが出来るそうです!

どうか各避難所・避難者へ伝えて下さい、広めて下さい! 
被災者さん達はこうした情報を入手する事がなかなか出来ずにいます! 
近隣の方、ボランティアの方、知合いの方、どうか今すぐ教えてあげて下さい!
それにより、命が助かるんです、悲しみを味わわなくて済むんです。

別の県などで救助に行けない方は救助依頼を!

社)UKC JAPAN アニマルレスキュー 救助依頼先→ タッズ母 携帯:090-1157-2499

アニマルエイド 救助依頼先→ 柴田 携帯:080-4422-2090/ 事務局 048-7261-1332


原発対策本部の現在の見解は
「飼い主以外の救助要請は受け付けない」そうです!

飼い主の皆様、直接下記へ救助要請のお電話を!

福島県原発対策本部 食品衛生課

    電話:0245-21-7242


 詳細はこちら


     ~ お知らせ欄 ~

 ※ 記事内の画像はクリックで拡大します♪

 ※ アフィリエイトなどは行っておりません。

 ※ 不要と判断したメッセージにはお返事しません。

 ※ 記事内容と無関係なコメントは削除させて頂きます。



  ☆ポチッと応援よろしくお願いします☆



 にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ   
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年04月27日 14:46
ありがとうございます~!
1匹でも多くの動物達が助かるといいな。
でも毎日TVを見ていますけど
政府の関心は今、被災地支援よりも
政権交代ばかりで頭に来ます。
今は国が1つにならなければいけない時なのに。
今の総理じゃダメなのは解っているけど
それならサポートすればいい。
そんな事に貴重な時間を使って欲しくないです。
他に協議する事が沢山ある筈ですもの(-_-;)
2011年04月27日 20:47
私もブログに掲載しなくっちゃ!

テレビで見ていられないですよね。
2011年04月27日 21:42
ROUGEさんへ
>政府の関心は今、被災地支援よりも政権交代ばかりで頭に来ます。
ほんとそうですよね・・・

早く何とかして欲しいです。
まったく、毎日何を協議しているのか??
今、それ協議してる場合じゃないし、
他にすべきことあるやろ??
と言いたい!!
2011年04月27日 21:44
COCOマミーさんへ
ほんと、何やってんの?? って言いたいよね!!

1匹でも多くの動物たちを一刻も早く救助して欲しいですね。

たぬきママ
2011年04月28日 00:16
 こんばんは
協力させていただきます!
国はあてになりませんから、
みんなが声を出して行動していく事が
大事だと思います。
頑張ります!!
2011年04月28日 08:35
おはようございます♪家族・・・ほんとですよね。心が痛みます。昨日「警戒区域」にペットの保護に入るとどこかで聞いたけど、国かな?県かな?ちょっと動きがあるみたいですよー^^一刻も早く飼い主さんと会わせてあげたいですね♪
2011年04月28日 11:41
たぬきママさんへ
ありがとうございます。
本当に今の政府はあてになりません・・・

みんなで行動することによって何かが変わると信じ頑張りたいですね。
2011年04月28日 11:43
ひまわりさんへ
そうなんです、ペットも家族の一員なんです。
特に私たち夫婦のように子供のない夫婦にとっては、子供なんです。

一刻も早く助けてあげて欲しいです・・・
都合により懸賞記事及びレシピ記事について、
コメントのお返事は控えさせて頂きますので、
ご理解・ご了承よろしくお願います。