阪神・淡路大震災から 20年 ・・・

阪神・淡路大震災から 20年 を迎えました・・・

画像


1995年1月17日午前5時46分、
淡路島北部沖を震源とするマグニチュード7.3の直下型地震が
発生。
最大震度7を記録。
死者6,434名、負傷者43,792名。
戦後最大の都市型災害となりました。

阪神・淡路大震災では強い揺れにより甚大な被害が出ました。
全壊家屋104,906棟、半壊家屋144,274棟。

家屋の倒壊や家具の転倒により
多くの方が命を奪われました。

全焼家屋7,036棟、火災発生件数285件。
木造住宅密集地域を中心に、
数日間にわたり火災被害が発生しました。

阪神・淡路大震災では、水道やガス、電気などのライフラインが
被害をうけ、生活に支障をもたらしました。

阪神・淡路大震災では水道が完全復旧するまでに
90日間かかりました。
水道やガスは、地中に配管が埋まっているため復旧に
時間がかかります。

阪神高速神戸線では橋げたが倒壊。
635メートルにわたって横倒しになり、復旧するのに
622日かかりました。

鉄道は29路線が被災し、神戸と大阪を結ぶ鉄道3線の不通により
一日45万人の足が奪われました。



私たちは震災の経験・教訓を風化させることなく、
次の世代に語り継いで行きたいです。


首都直下型地震や南海トラフ巨大地震が
今後 30年 以内に 70% の確率で起きるといわれています・・・

阪神・淡路大震災を忘れずに、
「いま、地震がおきたらどうなるか」 を想像して、
できることから備えて行きたいですね。


"阪神・淡路大震災から 20年 ・・・" へのコメントを書く

※ 不適切と判断したコメントは削除させて頂きます。
また、記事や内容によっては 「コメントを頂いた皆さまへ」 と
いうようにまとめてのお返事とさせて頂きます。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
都合により懸賞記事及びレシピ記事について、
コメントのお返事は控えさせて頂きますので、
ご理解・ご了承よろしくお願います。