マルコメ 「プラス糀 糀甘酒 & 豆乳ブレンド」

甘酒にはビタミンB群や食物繊維などが
豊富に含まれているため 「飲む点滴」 とも呼ばれ、
今人気ですよね。

そんな 「飲む点滴」 と呼ばれる甘酒ですが・・・

「米麹の甘酒」 と 「酒粕の甘酒」 2種類ありますよね。


その違いって、ご存知ですか??

「米麹の甘酒」 = 砂糖もアルコールも入ってない

「酒粕の甘酒」 = 砂糖やアルコールが入っている

ということなんです。


疲労回復により効果的なのは米麹の甘酒だそうです。

酒粕の甘酒は砂糖が加わって甘味成分になっているのに対して
米麹の甘酒はブドウ糖が
甘味の成分になっているという違いがあるそうです。

ブドウ糖は分解できない糖なので
脳でそのまま使う形で即効性があり、
疲労が瞬間的に回復するので、飲む点滴と言われています。


また、米麹の中にはエルゴチオネインという
皮膚の美容に良い成分が入っています。

エルゴチオネインはビタミンCよりも強い抗酸化作用があるので
肌の老化を抑制する効果が期待できるそうで、
紫外線に対しても強くなります。



疲労回復に良いということで・・・

最近、旦那と一緒に飲んでるのがこちらです。

私は美容のために・・・(笑)


      【プラス糀 糀甘酒 & 豆乳ブレンド】

画像



元々、お酒が苦手な私は甘酒もダメだったんですが、
アルコールが入ってないので飲みやすいです。


因みに、ダイエットや睡眠改善には
「酒粕の甘酒」 が良いそうですよ。


酒粕の方がレジスタントプロテインというタンパク質の1種が
含まれているそうなのですが・・・

レジスタントプロテインは油を排泄してくれる働きがあるということ。

つまり酒粕の甘酒は油の排出能力が高いということです。

カロリーが気になる方もいるかもしれませんが、
砂糖の方がブドウ糖より少ない量で甘くすることができるので
カロリーという点では酒粕の甘酒の方が抑えられているんです。


米麹をアルコール発酵させる時に清酒酵母を使うそうですが・・・

眠気を誘う脳の物質でアデノシンが注目されており、
アデノシンが脳の中で濃度が高まることによって
眠気を誘うので良い睡眠に入れるということ。

つまり清酒酵母が作用すると
アデノシンの作用を強めて睡眠を誘導してくれるということです。

酒粕の甘酒はアルコール1%未満なので
アルコールの障害なしに良い睡眠になるそうです。



     ~ お知らせ欄 ~

 ※ 記事内の画像はクリックで拡大します♪

 ※ アフィリエイトなどは行っておりません。

 ※ 不要と判断したメッセージにはお返事しません。

 ※ 記事内容と無関係なコメントは削除させて頂きます。



  ☆ポチッと応援よろしくお願いします☆



 にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ   
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年04月23日 21:16
こんばんは♪
甘酒がいいと聞きましたが、こういうことだったんですね。
ここのところ、疲れ気味なので疲労回復に米麹の甘酒を飲んでみたいです~
2018年04月24日 13:16
きっちゃん♪へ
うちも旦那が疲れ果ててるもんで・・・
試しに飲んでみたら続けられそうなので、お得用パックに切り替えちゃいました。
都合により懸賞記事及びレシピ記事について、
コメントのお返事は控えさせて頂きますので、
ご理解・ご了承よろしくお願います。