支援情報 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

お友達の マミーさん のブログで
紹介されていた 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」 ・・・

私も貼らせて頂きました。


    【ふんばろう東日本支援プロジェクト】

ふんばろう東日本支援プロジェクトとは?

そうした未曾有の災害に対応するために構築した新たな支援モデルが「ふんばろう東日本支援プロジェクト」です。ふんばろう東日本は「被災者支援」を目的とした市民が、被災者のためにできることをするという志のもと無償で活動している“プロジェクト”なのです。被災者支援のための“市民意思機能”といってもよいでしょう。したがって、各プロジェクトで集めた資金は被災者支援のために使われます。


 ◇主な活動内容

1)「必要なものを必要な分、必要とする被災者に送りたい」→支援物資プロジェクト

あまりにも広域に渡って甚大な被害を被っているため、行政による支援だけではまったく足りません。物資は各県の倉庫に積み上げられていたり、大きな避難所には物が余っていても小さな避難所には十分な物資が行き届いていなかったり、個別避難宅エリアは配給が打ち切られ、仮設住宅には配給がないため入居したがらない人が多くいるという現実があります。またハエが大量発生したため殺虫剤が必要といったように、時々刻々必要なものは変化していきます。

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」では、“人が人に支援する”という基本に立ち戻り、インターネット上に被災者が必要な物資を掲載し、それを見た人から物資を直接送ってもらっています。それは僕が仙台の実家に必要な物を送るのと同じであり、それはいかなる組織も妨げることができないはずです。また誰が送ってくれたかわかる顔の見える支援ですので、支援を受けた方からお礼の連絡がくることも多く、縁が絆となり継続的な支援につながっています。

そうした仕組みによって6月10日現在で600箇所以上の避難所や個人避難宅に計1万回以上物資を送り届けています。家で余っているものを送っていただくのはもちろんのこと、Amazonの欲しい物リストと連動させることで世界中から支援が可能になっています。


2)「被災者の生活を支えたい」→家電プロジェクト

膨大に広がる半壊地域では津波によって1階の家電が壊滅しており、被災者は今なお不便な暮らしを余儀なくされています。仮設住宅は6点セットが備わっていますが、家電を失った自宅避難者には配られません。

そうした状況を打開するために家電を集めて被災者に大量に送り届けるのが「家電プロジェクト」です。家で使っていない家電を被災地に送ってあげることにより、被災者は生活を取り戻していくことができるのです。また「手紙プロジェクト」や「カウンセリングプロジェクト」といった後方支援と連動させることにより、被災者のメンタル面のケアにもつなげていきます。


3)「仕事と自立につながる支援をしたい」→重機免許プロジェクト

津波主被災地は膨大な瓦礫に覆われています。それを片付けた上で都市を作り上げていく必要があります。これは5年、10年にも渡る国家的プロジェクトになるでしょう。

そこで「ふんばろう東日本支援プロジェクト」では被災地で最も需要がある重機免許を、被災者に無料で取得してもらえるよう支援しております。3万円の支援金で一人に重機免許を与えることができます。3万円の生活費はすぐになくなってしまいますが、重機免許があれば300万円を稼ぐことも可能になるのです。もちろん、ただでさえ経済が冷え込んでるなか、就労機会の確保にはそれぞれの事業主様のご協力も必要です。これからも中長期的な視野に立って、支援を続けて行く予定です。


4)「福島の子ども達を守りたい」→ガイガーカウンタープロジェクト

同じ福島県といっても、同じ市であっても、場所によって危険度はまったく違います。同じ日本といっても違うのと同じようなものです。絶対危険だ、いや絶対安全だといった議論は、信念以上の話にはなりません。

放射線科学の問題なのです。科学的なプロジェクトが必要です。そのために立ち上げられたのが「ガイガーカウンタープロジェクト」です。本プロジェクトでは、専門家による正しい測定の仕方や読み取り方の講習を受けてもらい、ガイガーカウンターを集めて必要としている地区(小学校、保育園)に無料で貸し出し、各自が生活空間の相対的な安全度をチェックできるように支援します。

そのためにはガイガーカウンターが必要です。6万円あれば1台のレンタル用ガイガーカウンターを入手できます。100台あれば一日に100家庭に貸し出すことができます。台数が揃えば揃うほど多くの方に貸し出して、生活エリアの安全をチェックしていただくことができるのです。


その他にも多数のプロジェクトを立ち上げ、ただただ「被災者支援」だけを見つめて行動していきます。

皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いします。


  ふんばろう東日本支援プロジェクト
   代表:西條剛央(早稲田大学大学院MBA講師)



詳しくはこちらをクリックしてくださいね。

         ↓  ↓  ↓
 title=



従来の大上段に構えた支援策ではなく、
末端の方からの支援要請に応じて、
支援物資やサービスを細かく届けるための仕組みです。

個人と個人をつなぐ仕組みなので、だれでも簡単に支援することが可能です。
このサイトを見ると、まだまだ不足しているものだらけ。
むしろこれからまだまだ必要な物は増えていくでしょう。
これまでは、現場が混乱するという理由で、
個人からの支援は控えるというのが常識化していました。
でも遠くで住む家族が困っていれば、細かく物資を送るように、
個人と個人が必要なものをやり取りすれば、大きな倉庫に入れる必要もありません。


とても良い取り組みですよね。

私もまた改めて
何か出来ることを少しでも参加して行きたいですね。



そして、こちらは ひまわりさん のブログで紹介されていた
同じような活動をしてる方たちのサイトです。

 ☆どうせ地球のチリだからな。(テレビやラジオでも取り上げられてるようですが、スコップ団の団長のブログです)

 ☆不当労働撲滅 怒涛の戦い 泥沼の軌跡(ブログタイトルは?ですが個人で大きな支援活動をなさってます)

よかったらこちらもご覧頂ければと思います。


     ~ お知らせ欄 ~

 ※ 記事内の画像はクリックで拡大します♪

 ※ アフィリエイトなどは行っておりません。

 ※ 不要と判断したメッセージにはお返事しません。

 ※ 記事内容と無関係なコメントは削除させて頂きます。



  ☆ポチッと応援よろしくお願いします☆



 にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ   
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年07月04日 11:42
もう4カ月が経ったにもかかわらず、
余りにも被害が甚大だったため、
まだまだ山のような支援が必要なんですね。

自分に出来ることは、知れてますがその中で少しでも力になれることを探してやっていきたいですね。
2011年07月04日 14:41
COCOマミーさんへ
ほんと、実際はまだまだなんですよね~
私も何か出来ることやって行きたいと思います。
都合により懸賞記事及びレシピ記事について、
コメントのお返事は控えさせて頂きますので、
ご理解・ご了承よろしくお願います。