マイホーム①

先日、現在建設中の新居を見て来た

と言っても、毎日見ようと思えば見に行ける場所なんですが・・・

なので、たまに買い物の時などに遠回りして見て来る

工事も順調に進み、完成予定は来年3月である。

私たち夫婦はとても楽しみにしている

元々、私たちはマイホームを持つ予定というか、持てないというか・・・
完全に諦めていた。

何故なら、いずれは実家に帰ることになっていたため、
マイホームは必要のないものと旦那が考えていたからだ

ご存じの方もおられると思いますが、
旦那の実家は「長崎」・・・

旦那は二男で、兄がひとりいるのですが、
このお義兄さんも私たちと同市内に住んでおります。

お義兄さんは元々、将来実家に帰って家を継ぐつもりがないことを
言っていたらしく、それなら家を継ぐのはオレしかおらんと
旦那自身は考えていた・・・

だから、私と結婚する時にも
 「将来は田舎帰らなあかんけどいいか?」とその事情を話した。
私は元々天涯孤独のため、「いいよ」と言っていた

そんなこんなで、引っ越す度に友達や旦那の会社でも
 「賃貸で家賃払うんやったら、家買えるやん」
 「家は買えへんの?」
などとよく言われたもんだ

ところが、昨年・・・
お義父さんが体調を悪くして、まだまだ先になるけど
 「そろそろ、どちらかが戻ってくる方向で考えるように」
と言って来た。

すると、あれだけ頑固に「僕は帰るつもりはない」と
断言していたお義兄さんが・・・

 義兄 「僕が帰ることにしたから・・・」

 旦那 「なんで? 兄貴絶対に嫌やというてたのに・・・」

 義兄 「ん・・・○○(←旦那)は結婚して家庭もあるし、仕事もある」
     「田舎帰っての再就職は難しいやろ?」

 旦那 「まぁ、そうやけど・・・オレらはそのつもりやったし・・・」

 義兄 「今はオヤジも元気やけど、いつ何があるかわからんし、
      僕の方が身軽やし、仕事もすぐあるし・・・」
     「だから、僕が帰って継ぐから」

と、言ってくれたのだ

そう・・・お義兄さんは独身で、仕事も介護職のため退職しても
再就職が旦那よりは難しくはないだろうと考えてのことでした

まっ、こういう経緯があり、こんな年齢になってから、
マイホームを考え、今年初めからマイホーム探しを始めたのである。


     ~ お知らせ欄 ~

 ※ 記事内の画像はクリックで拡大します♪

 ※ アフィリエイトなどは行っておりません。

 ※ 不要と判断したメッセージにはお返事しません。

 ※ 記事内容と無関係なコメントは削除させて頂きます。



  ☆ポチッと応援よろしくお願いします☆



 にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ   
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

都合により懸賞記事及びレシピ記事について、
コメントのお返事は控えさせて頂きますので、
ご理解・ご了承よろしくお願います。