milkyway ひとりごと

アクセスカウンタ

                     ※ 都合により日によっては皆さまのところへ
                   ご訪問出来ない場合もありますのでご了承願います。
  

zoom RSS 野久保直樹 ヘキサゴン降板A

<<   作成日時 : 2009/07/29 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

今日放送された「ヘキサゴン」で番組の最後に野久保君は・・・

「この26時間テレビは一生忘れられない・・・」と涙ながらに語っていた

 参照⇒http://48901364.at.webry.info/200907/article_59.html

画像


旅立つ野久保にとって特別な仲間であろう羞恥心とPaboは歌の間、涙を堪えきれなかった。曲が終わりそうになると近くにいた紳助と5人が野久保を抱きしめた。その様子は彼の旅が短くはないことを意味しているようだった。基本的に楽しいバラエティ番組として見ていたので、予想だにしない展開だった。

そしてなにより羞恥心の3人を全国縦断イベントに行かせてしまったら、前夜祭のリハーサルとは違って、ほかの番組のゲームにほとんど参加しない・・・

しかし、とくに最後のひとつは野久保の旅立ちを知って、彼らはスタジオを飛び出す理由があったのだと理解した。ひとまずお別れだから、応援してくれるファンの前に姿を現すことが第一だと考えたのだろう。一応、寝起きドッキリ中継があったから、テレビ的に笑える部分もあった。

悲しい別れを予感させる伏線はあった。グランドフィナーレよりもはるか前、紳助が羞恥心について語り始めるとなぜか涙ぐんでいた。話は上地雄輔中心ながら、「あいつら」や「いい奴たち」と言っている。これからも彼らに会えるはずなのになぜ泣くのかがいまひとつわからなかった。あれは芝居でもなんでもなく、本気で悲しかったからハンカチで涙を拭いたのだろう。しかも翌朝のテレビでピーコが言うには、紳助はCM中もずっと泣いていたらしい。

今回のテーマ曲『泣いてもいいですか』の歌詞は、野久保への別れの詞とも解釈できる。『26時間』のラストでも野久保に贈る歌として紹介された。ヘキサゴンメンバーによる切なすぎるバラードはバラエティらしくないと思ってやや敬遠していたが、楽曲の持つ意味をわかっていなかった。いま歌詞を読むと、彼のイメージと合致しているようで涙がブワッとあふれそうになる。

  泣いてもいいですか・・・


野久保は、今年の3月に「独立騒動」を起こしており、それが引き金になったと思われる。
事務所を辞めて独立したタレントは、しばらく表に出れないというのが、業界の暗黙のルール。

過去に野久保と同じ「渡辺プロ」から独立した俳優の西島秀俊は月9に出るほどの俳優だったにも関わらず、独立後全くテレビに出演できず5年ほど干されていた。

野久保が事務所とどういう話合いになったのかはわからないが、このまま干される可能性が高い。

10月31日に行われる「ヘキサゴンファミリーコンサート」にも野久保の名前はなかった。

ナベプロ社長のブログも26時間TVに出演している他メンバーは登場したが、野久保については触れていなかった。

ちなみにスザンヌが自身のブログで
「野久保っちのこと、みーんなで待ってるからね。素敵な思い出をありがとう。」と綴っている。


事務所も何か説明があればいいのにね・・・

今後のノックの動向が気になる・・・

また、いつの日か大きく成長したノックが
テレビで見れることを祈ってます


     〜 お知らせ欄 〜

 ※ 記事内の画像はクリックで拡大します♪

 ※ アフィリエイトなどは行っておりません。

 ※ 不要と判断したメッセージにはお返事しません。

 ※ 記事内容と無関係なコメントは削除させて頂きます。



  ☆ポチッと応援よろしくお願いします☆

  にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ   
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はぁ〜、可哀そうですねぇ。

島田紳助ほどの大物になっても、
そこはやっぱり一介のタレントということで、
どうしようもなかったんでしょうかね。

しかし、事務所側ももっと寛大に
考えられないんでしょうか。

若いタレント一人に対して、
こういう仕打ちは
あまりにも器が小さいんじゃないですか。

あのプロダクションは過去にも、
何度もこういうことありましたよね。
怖いところですね。

あ〜、なんだか腹が立つぅ〜!
COCOマミー
URL
2009/07/30 01:03
COCOマミーさんへ
ほんとそうですよね〜

事務所側も儲けたんじゃないの??

野久保君も悪かったのかも知れないけど、そこは大人なんだし、お互いの"今後"のためにも話し合いで解決できないものなのかな〜
milkyway
2009/07/30 11:48
 こんにちは
芸能界ってちょっと複雑というか、
ちょっと怖い世界に感じる部分が
ありますよね。
西島秀俊の時は、もうテレビでは一切
見られなくなるかと思い、本当に残念
な思いでした。
なので数年ほど前からチョコチョコと
テレビで見かけるようになり、
嬉しかったです。
北野誠の件も・・・、
きちんと経緯を説明すればいいのに、
無言のまま抹殺って感じで、
恐ろしいです〜。
芸能人ってそういう世界で生きていく
のですから、大変ですね。
たぬき
2009/07/30 15:34
たぬきさんへ
芸能界は華やかな世界だけじゃないということでしょうね〜
ある意味、すごく怖い世界なのかも??
milkyway
2009/07/30 15:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
※ 不適切と判断したコメントは削除させて頂きます。
また、記事や内容によっては 「コメントを頂いた皆さまへ」 と
いうようにまとめてのお返事とさせて頂きます。
 都合により懸賞記事及びレシピ記事について、
 コメントのお返事は控えさせて頂きますので、
 ご理解・ご了承よろしくお願います。

おきてがみ

おきてがみ

メールフォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

ブログパーツ

野久保直樹 ヘキサゴン降板A milkyway ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる